読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Green★Pharmacy

声優 緑川光のブログです(✿╹◡╹)

雷張ジョー

キャラクター

今回は、緑川光のクールキャラの原点。『勇者特急マイトガイン』の主人公 旋風寺舞人のライバルポジションキャラ、雷張ジョー(ライバルジョー)について。

f:id:hikaru233391:20140105004241j:plain
⭐️このキャラクターは、スタジオでやるオーディションではなく、事務所で収録したものを送る、テープオーディションで決まった役でした。
⭐️当然、その時にやった芝居を思い出しながら演じたら、「その芝居は一回全部忘れて」と、ディレクターさんに言われたのです。どういう事?とキョトンとしてると、「抑揚なくボソボソ喋ってみて」と、さらにキョトンとなるような事を(汗)。そんな芝居それまでした事がなかったので、手探りで頑張りました。で、後日ダビング作業をしてるスタジオに見学に行ってきんですが、そこで初めて、先日の芝居を客観的に聴いてみたんです。へぇ、こんなふうに聴こえるのかぁと、イイ驚き。そしたらディレクターさんが、「どう? 悪くないでしょ? こういうやり方もあるって事。こればっかりになっちゃっても駄目だけどね。」と。そんな訳で、ディレクターさん公認のもと、マイクに寄ってのお芝居を勉強していく事に。それが、後の流川やヒイロに受け継がれるのです。
⭐️ファンの子に、初めて【雷張ジョー】でサインを頼まれた時に、【電張ジョー】と書いてしまい恥ずかしい思いをしました(^^;;
⭐️『マイトガイン』のエンディングは悪側のテーマソングでカッコ良かったなぁ。特に『Black diamond』はサイコー♪
 この間カラオケでも歌いました(笑)。
🌟この話、日活映画の渡り鳥シリーズをモチーフにしているらしく、世界観を掴むのに、レンタルビデオ屋さんで何本か借りて来て勉強で見てみました。主人公の旋風時舞人が、小林旭さんポジションで、雷張ジョーが、宍戸錠さんポジションみたいです。主人公とライバルという図式は一緒。旋風寺は、旋風児から。マイトガインはマイトガイか来てるみたいですね。宍戸錠さんはエースのジョーと呼ばれていたようですが、雷張ジョーもエースのジョーと言われてましたし。色々共通点が見つかると、勉強とはいえ楽しかったです(笑)。
🌟そう言えば、ジョーの父親が宍戸博士と呼ばれてる過去の回想シーンがあったので、そこから考えると、雷張ジョーの本名は宍戸ジョーなのかな?(笑)。
🌟舞人とジョーで歌ったキャラソンで、『戦闘の歌劇』という10分近い、ミュージカルのような歌があるのですが、それ、個人的に結構気に入ってました♪
🌟合体する時に流れる歌も熱くてカッコ良かったなぁ。アレは、男連中にはたまらんでしょ(笑)。 
🌟ジョーの愛機、飛龍も轟龍もカッコ良くて大好きでした♪♪♪