読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Green★Pharmacy

声優 緑川光のブログです(✿╹◡╹)

棗恭介

もう少し後に語ろうかと思ったんですが、やっぱりこのタイミングなのかな。

そんな訳で、ネタバレしないように少々(苦笑)。

 

🌟これぞ、緑川光の集大成といっても過言ではないキャラクター。

本当に色んな面を持った魅力的な人。今まで様々なキャラを演じて作って来た引き出しを存分に使って演じる事が出来るので、とても楽しいです♪

🌟ゲーム収録時は、一人で次々に台詞を言ってるだけなのでいまいち全体の流れはつかめてなかったのですが、ゲームであのシーンを見た時は、涙がいつまでも止まりませんでした。あのシーンの台詞、一発で渾身の芝居が出来たと思ってたんですけど、ノイズが入っちゃってたとかで、一回録りなおししてるんですよ。それが長年心残りではありました。

🌟アニメ化という事で、より多くの人にこの作品を知ってもらえるという喜びはありましたが、それと同時にあの感動のシーンをもう一度やらなければならないと言うプレッシャーも。良いシーンであればあるほど、少しでも表現が違うと気になるもの。かといって感情的な芝居をまんまトレースする作業をしたら、あきらかに守りの芝居になっちゃいますからね。なので、長年心残りだった幻の1テイク目をやってやる!的な攻めの心意気で現場には臨みました。

🌟でも、ホント大仕事でした。ほとんどの人があの感動をもう一度という目で見る事でしょう。ぶっちゃけ、同じ位のレベルの芝居が出来たら万々歳だと思うんです。でも、どうせやるなら想像の上にいきたいなと。泣きの芝居は今までも結構やってきてるほうなので、そんなに大変ではなかったのですが、いつでもガチ泣き出来てしまうほど名シーンなので、泣きすぎない様に注意しました。泣きすぎちゃうと、台詞何言ってるか分からなくなる危険性がありますからね。それは、泣き芝居でタブーとされてますから。

🌟最初っから100%の人の期待に応えられるとは思ってませんが、ネットの感想を見てみると、かなり評価して下さっているようでありがたいです。これで、長年の心残りが解消されました。JCさん、丁寧に作って下さって、本当にありがとうございました。

🌟最終回までまだあります。最後までしっかり見届けて下さいね。

追加(12月21日)

🌟練習の為に見る映像には、既に『遥か彼方』が入っていたため、すぐに涙がぼろぼろと・・・。泣きすぎちゃって、しばらくまともに練習出来ませんでしたよ。もうね、この歌聴くと泣く様になっちゃってるぽいんですよね(苦笑)。

🌟思い入れが強いから、どうしても過剰に泣いちゃうんですよねぇ。そうすると、一回もちなおすシーンのとこで、めっちゃ鼻声になってしまい、正直かっこわるいんですよ(笑)。まぁ、リアルなのかもしれませんが、あれはちょっとお聞かせ出来ないかな(苦笑)。だから、泣く度合いをセーブしつつ、鼻声にならないよう調整しました。

🌟そんな訳で、あのシーンは涙で瞳がじんわりするくらいには泣いております。感情が高まるイコール冷静じゃなくなるはずなんですが、冷静な自分も保たないと絵の動きやカットナンバーを追えないんですよねぇ。泣きながら、次のシーンの台詞は、確かたっぷりと言わなきゃいけないんだよなぁとか冷静に考えてたりもします。声優って大変な仕事なんですよ(苦笑)。

🌟前半のパートのみの出番の方々は、後半前、神奈クンを筆頭に現場を後にしたのですが、正直助かりました。ギャラリーがいない分、集中力が増した気がします。ホント、さりげなく気を使ってくれてありがとね。